HOME > 防滑効果の持続性

トマッターNo.1処理による防滑効果の持続性 自分で出来る 滑り止め 通信販売

滑り止め トマッターNo.1による防滑処理は、(タイル等の)床材に表面に極小の多数の多様な溝を形成することにより効果が発揮されます。
したがって、溝がその深さを保っている間は効果が持続します。歩行頻度によりかなりの差がありますが、当社の行なった調査では、ある公共の場所で約2〜3年は効果が持続するという結果が出ています。
ご自宅の玄関先や風呂場等でご使用いただく場合は、歩行頻度が少ないために、汚れやヌメリ等が発生しなければかなり長期間の持続効果が期待できます。


滑り止め トマッターNo.1(プロ仕様)の防滑効果の持続性は、滑り止め トマッターNo.1約1.5倍あります。例えば、滑り止め トマッターNo.1で2年間の持続性がある場所でしたら約3年間、3年間の持続性のある場所なら4〜5年の持続性が見込まれます。ただし、ご家庭等の歩行頻度が少ない場所では、滑り止め トマッターNo.1での処理で、かなり長期間の防滑効果が期待できます。