見眞人のワンポイントアドバイス 004
     | TOPへポイントへプロフィールへブログへ良いものショップへお問い合わせへ
見分け方/カテゴリー
000 TOP
001 レッスンプロ
002 生命保険
003 初マラソン
004 ダイエット
005 会計事務所

006 ボイストレーニング
007 オゾン発生器
008 マイクロバブル発生器

口コミビジネス
(みんなの力)
会員募集
    


 
私は、ここ12年間で4回ダイエットを試みて4回とも成功しています。私もお酒が大好きな上に飲みながら良く食べる生活のため放っておくと、身長が173pで76sまで体重が増えます。私の飽和状態は、なぜか76sの様です。その増えた体重が殆どと言ってよいほどお腹の脂肪になってしまします。飲んで食べての生活をしていると、見た目もそうですが、健康上もよくないと感じるようになり、朝目が覚めると「今日からはダイエットをするぞ」と毎日意気込むのですが、夕方になると仕事の疲れもあり、また飲んで食べてをどうしても繰り返してしまします。

 12年前に最初にダイエットを行ったときに、私が行ったことは、オムロンの万歩計を一つ買いました。その万歩計は、バンドに装着しないでも、ポケットの中に入れておいてもかなり正確に歩数をカウント出来るものです。その日から、私の万歩計を使用した90日間ダイエット計画が開始されました。一日10,000歩ダイエット、目標体重は、8kg減の68sです。

 それまで、私は車通勤をしていたため、一日の歩数が2,300歩位しか歩いていませんでした。その私が、一日10,000歩くのはかなり大変です。仕事を終えて、家に帰ってからウオーキングをしても、1分間にかなり早く歩いても120歩ですので、1時間歩いて6,000歩です。それでは、一日10,000歩は達成出来ません。また、毎日必ず帰宅してから1時間のウオーキング時間を作ることも至難のわざです。増して、晴れている日ばかりではありません。雨の日も雪の日も風の強い日もあります。そこで私は、朝30分のウオーキング、会社にいる時は昼休みに30分のウオーキング、出張に行っている時は、新幹線のホームでウオーキング(新幹線のホームはかなり距離があり、2往復もすると相当の歩数を稼げました)、羽田空港でも、千歳空港でも、福岡空港でも歩きました。また、雨の日には、帰りにデパートや大型のショッピングストアーに寄って、歩数を稼ぎました。

 その成果は、最初は1〜2s減りますが、その後は殆ど変りません。しかし、3〜4週間経つと体重が動き始めます。体重が動き始めればしめたものです。それからは順調に減量出来ます。約1か月半で約5sの減量に成功。70日目には目標の68s、マイナス8sの減量に成功しました。平均歩数は一日12,000歩をクリアーしていました。万歩計というのは、午前0時に歩数が0に戻ってしまうため、外で酒を飲んでいて、23時半から0時まで隣の隣の駅まで歩いたこともありました。不思議なもので、減量を始めるとなぜか、勿体無くて飲み食いも自分で多少制御するものです。結局、初回のダイエットは、100日間ウオーキングダイエットとなりました。成果は、マイナス11s、体重65sまでの減量に成功しました。私の経験からすると、毎日ウオーキングダイエットを行えば成果は2週間後に体重に必ず現れます。自分の身体は、自分に絶対に嘘はつきません。

 ただ、そうやってダイエットしてウオーキングの習慣を付けも、やはり毎日続けないと、徐々にリバウンドしてきます。私の場合は、2〜3年すると、また飽和状態になります。それで、12年間で4回のダイエットになった訳です。でも、自分の中でダイエット方法が確率されているため、いつでもその気になればダイエット出来るという自信を持っています。

 ウオーキングダイエットが絶対だとは思いません。人それぞれ、自分にあったダイエット方法はあるのだと思います。しかし、どのダイエットをするにしても、全ては精神力です。ご自分に合ったダイエット方法を見つけ、それをご自分の気持ちで成功させることが一番最善の方法だと思います。頑張ってトライして、最善の方法を見つけ、健康に留意されてください。


  • 万歩計を購入する。(出来ればポケットに入れても大丈夫なもの)
  • 一日一万歩をノルマ―として、3か月間休まずウオーキングする。
  • 出張先でも、待ち時間に駅のホームや空港などをウオーキングして、毎日必ず一万歩を達成する。
  • 自分が今日やったダイエットは、続けていれば二週間後に必ず成果が出ると信じる。
  • 自分の身体は、絶対に自分に嘘をつかないと固く信じる。
  • 自分に合った良いダイエット方法を見つけ、いつでもその気になればダイエット出来ることを、自分の身体と頭にインプットしておく。
このサイトでは、筆者がジャンルごとに厳選した商品をご紹介しています。

(C) 2011 Copyrights.Masato Iwami One point advice by Masato Iwami